TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-

TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-

1000円

TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-

TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-:同様に重要なのは、私たちがサポートするデザイナーやブランドとの関係です。私たちは、お互いを尊重し合いながら共に成長できるように、同じ理想を共有してほしいと思っています。 曲調は全般に明るいアップテンポ。ラップ(1曲目冒頭)やボイスエフェクト(5曲目)がアクセント的に入っています。ですが曲調がキャラのイメージに合っている事以上に、歌詞に注目です。以下、個人的な感想です。1.【CHANGE!! 】ソロ高い身体能力で何でもすぐにうまく出来る黄瀬ですが、どこか満たされなさを感じていたところ青峰に憧れて始めたバスケ。でもIHで対戦しこのままでは勝てないと心機一転、歌詞にもある≪憧れを手放した≫黄瀬がこれからどう道を切り開いていくのか、自分が変わるのは今だという決意がアップテンポのリズムと相まって前向きに感じられるのがいいです。歌詞カードを見ても、序盤にテキトー、ジンセイ、カンジ、セイシュンなどカタカナ表記でどこか無気力な日々を送っていたと印象づけるものだったのが、その後はカタカナ表記ではなくなった事からも意欲が感じ取れます。また序盤のAパート前の歌詞の旋律をラップで単調に歌っているのはバスケに出合う以前の満たされなさを表現した演出かもしれません。2.【ALL FOR WIN】feat.笠松幸男(CV.保志総一朗)黄瀬のエースとしての自負と、海常の主将笠松との信頼関係を強く感じさせる曲。「このチームを勝たせる」と黄瀬が言えば、「前だけ見ろ、あとはオレの仕事」と笠松が応える。こんな風に全面的にチームの絆を押し出した曲。笠松の「チームを支えろ」にもう海常の一員で一丸となれるから応えられると、黄瀬の今のバスケ環境が良好なのが窺えます。デュエットのお相手の保志さんとの声の馴染みも良く颯爽とした曲調。良い先輩後輩の関係を築けていると思わせる1曲。3. 【前人未到SPARK】 feat.火神大我(CV.小野友樹)2曲目と次の4曲目が海常の中での黄瀬を歌ったものに対して、こちらは対戦相手である火神との関係性を海常と誠凛の練習試合中心に歌っています。練習試合まではお互いの印象が、火神がただただ好戦的、黄瀬が火神を甘く見ていたのが、練習試合の後認め合い、再戦を待ち望んで迎えたWCで、自身の持てる全てをぶつけてタイトルのSPARKの文字通り“火花”を散らしながらお互い高め合っていく…という流れだと思います。原作にもあった好敵手という関係。海常と誠凛のスポーツマンシップの爽やかさと対戦の情熱を歌にしたらこうなった、という印象です。4. 【シャッターチャンスはSmileより】ソロ海常高校のチームの一員として馴染んだ現在を、黄瀬のもう一つの顔であるモデルという面も絡めて歌っています。5. 【シャララ☆Goes On ~Star Drive Remix~】ソロ高校進学後、黒子と再会して同じチームに誘った事が歌われています。おや?と思ったのは、他の曲の歌詞では時間が進んでいるのに対しこの曲が連載初期のエピソードなのは、この曲が以前発売されたもののリミックスだからなのでしょう。個人的には3の火神とのデュエットが気になっていました。今までありそうでなかった二人なので聞くまでドキドキしました。ですが実際聞いてみるとソロパートはそれぞれの個性がとても出ていてやや火神らしさが強い(DVD 2nd SEASON2同梱CD『セイシュンTIP‐OFF!!』のアレンジを彷彿とさせる)のに対し、サビでのお二人の声の親和性は非情に高く、木村さん小野さん両氏の声の相性がバッチリなのが分りました。ソロパートのハモりはそれぞれご自身が担当されている様でキャラの個性が前面に出ているのに対し、サビのユニゾンでこれだけ違和感無く合うのはいい意味で驚きです。なので機会があれば是非又この二人の組み合わせのものを聞いてみたいと思わせる1曲でした。またこの曲のサビはまさにアニメ第3期で来る(ハズ)海常VS誠凛なので、この歌と併せてアニメを鑑賞するのも一興だと思います。どの曲も数分という短い時間にもかかわらず、キャラのイメージを大切にしつつ黄瀬の今までの歩みを凝縮した歌詞の楽曲に脱帽です。配送も発売当日に届き満足です。☆は5つが満点ですが、それ以上あればもっとつけたいトコロ。ランキングtop5,【オンラインショップ】,web限定TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-
教育クレジットローン0円キャンペーン
3冠受賞 資格予備校支持率No.1口コミ評価No.1サポート体制No.1

News

一覧はこちら

Facebook

TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-

TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-:同様に重要なのは、私たちがサポートするデザイナーやブランドとの関係です。私たちは、お互いを尊重し合いながら共に成長できるように、同じ理想を共有してほしいと思っています。 曲調は全般に明るいアップテンポ。ラップ(1曲目冒頭)やボイスエフェクト(5曲目)がアクセント的に入っています。ですが曲調がキャラのイメージに合っている事以上に、歌詞に注目です。以下、個人的な感想です。1.【CHANGE!! 】ソロ高い身体能力で何でもすぐにうまく出来る黄瀬ですが、どこか満たされなさを感じていたところ青峰に憧れて始めたバスケ。でもIHで対戦しこのままでは勝てないと心機一転、歌詞にもある≪憧れを手放した≫黄瀬がこれからどう道を切り開いていくのか、自分が変わるのは今だという決意がアップテンポのリズムと相まって前向きに感じられるのがいいです。歌詞カードを見ても、序盤にテキトー、ジンセイ、カンジ、セイシュンなどカタカナ表記でどこか無気力な日々を送っていたと印象づけるものだったのが、その後はカタカナ表記ではなくなった事からも意欲が感じ取れます。また序盤のAパート前の歌詞の旋律をラップで単調に歌っているのはバスケに出合う以前の満たされなさを表現した演出かもしれません。2.【ALL FOR WIN】feat.笠松幸男(CV.保志総一朗)黄瀬のエースとしての自負と、海常の主将笠松との信頼関係を強く感じさせる曲。「このチームを勝たせる」と黄瀬が言えば、「前だけ見ろ、あとはオレの仕事」と笠松が応える。こんな風に全面的にチームの絆を押し出した曲。笠松の「チームを支えろ」にもう海常の一員で一丸となれるから応えられると、黄瀬の今のバスケ環境が良好なのが窺えます。デュエットのお相手の保志さんとの声の馴染みも良く颯爽とした曲調。良い先輩後輩の関係を築けていると思わせる1曲。3. 【前人未到SPARK】 feat.火神大我(CV.小野友樹)2曲目と次の4曲目が海常の中での黄瀬を歌ったものに対して、こちらは対戦相手である火神との関係性を海常と誠凛の練習試合中心に歌っています。練習試合まではお互いの印象が、火神がただただ好戦的、黄瀬が火神を甘く見ていたのが、練習試合の後認め合い、再戦を待ち望んで迎えたWCで、自身の持てる全てをぶつけてタイトルのSPARKの文字通り“火花”を散らしながらお互い高め合っていく…という流れだと思います。原作にもあった好敵手という関係。海常と誠凛のスポーツマンシップの爽やかさと対戦の情熱を歌にしたらこうなった、という印象です。4. 【シャッターチャンスはSmileより】ソロ海常高校のチームの一員として馴染んだ現在を、黄瀬のもう一つの顔であるモデルという面も絡めて歌っています。5. 【シャララ☆Goes On ~Star Drive Remix~】ソロ高校進学後、黒子と再会して同じチームに誘った事が歌われています。おや?と思ったのは、他の曲の歌詞では時間が進んでいるのに対しこの曲が連載初期のエピソードなのは、この曲が以前発売されたもののリミックスだからなのでしょう。個人的には3の火神とのデュエットが気になっていました。今までありそうでなかった二人なので聞くまでドキドキしました。ですが実際聞いてみるとソロパートはそれぞれの個性がとても出ていてやや火神らしさが強い(DVD 2nd SEASON2同梱CD『セイシュンTIP‐OFF!!』のアレンジを彷彿とさせる)のに対し、サビでのお二人の声の親和性は非情に高く、木村さん小野さん両氏の声の相性がバッチリなのが分りました。ソロパートのハモりはそれぞれご自身が担当されている様でキャラの個性が前面に出ているのに対し、サビのユニゾンでこれだけ違和感無く合うのはいい意味で驚きです。なので機会があれば是非又この二人の組み合わせのものを聞いてみたいと思わせる1曲でした。またこの曲のサビはまさにアニメ第3期で来る(ハズ)海常VS誠凛なので、この歌と併せてアニメを鑑賞するのも一興だと思います。どの曲も数分という短い時間にもかかわらず、キャラのイメージを大切にしつつ黄瀬の今までの歩みを凝縮した歌詞の楽曲に脱帽です。配送も発売当日に届き満足です。☆は5つが満点ですが、それ以上あればもっとつけたいトコロ。ランキングtop5,【オンラインショップ】,web限定TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.2 黄瀬涼太-Never Copy Myself-